障害給付と遺族給付

バラ02日本に存在する年金制度の中には、様々な給付がありますが、その中でも障害に関する給付と遺族に関する給付は、非常に重要な給付制度となっています。将来のリスクに対して国によるサポートが充実している点はこの日本で生活する上で非常に魅力的ではないでしょうか。
まず障害給付に関してですが、この給付には障害基礎年金や障害厚生年金等の給付があります。まずは障害基礎年金に関しては、障害1級と2級に分類されその分類によって給付額が変わって来ます。そして障害厚生年金に関しては、1級から3級まであり、同じく級によって給付が異なります。次に遺族給付に関してですが、こちらも遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。遺族基礎年金はこのある妻や、子に対して給付が行われる制度となっており、遺族厚生年金は配偶者と子、父母、孫、祖父母と給付対象の幅が広がっています。この様に障害と遺族に対する給付は日本における公的年金による制度によって確立されています。
国民年金と厚生年金保険の加入によって上記の給付は異なって来ますが、国による公的年金によって保障されているという認識を持つ事で将来に対する不安を少しでも解消する事が出来るのではないでしょうか。