中高齢寡婦加算

夫が死亡した場合には遺族年金が支給されますが、これには遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。遺族厚生年金は、基本的に再婚しなければ、一生涯受け取れます。中高齢寡婦加算とは、このうちの遺族基礎年金を受け取ることができない女性が、その代わりとして、遺族厚生年金に上乗せして受け取ることができる年金のことです。

夫の死亡時、40歳以上から65歳未満まで場合受け取ることができます。妻が65歳以上になると自分の老齢基礎年金が受け取れますので、この加算分は、受け取れなくなります。会社員の夫が死亡した時点で、18歳未満の子どもがいる妻には、基本的には、遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給されます。ですが、妻に子どもがいない場合には、遺族厚生年金しか受け取ることはできませんし、また子どもがいたとしても、子どもが高校を卒業した時点で遺族基礎年金を受け取る権利はなくなります。

そのためその代わりとして、40歳以上の女性には、この加算分が支給されるのです。

金額は、年間につき、遺族基礎年金額の4分の3となっています。

20代や30代は、子供がいないと加算の対象となりませんし、また30歳未満の妻については、遺族年金そのものも5年間で打ち切られることになっています。

Comments are closed.