保険料納付要件の原則と特例

障害基礎年金の保険料納付要件は、初診日までの保険料が、一定の基準以上支払われていることで判断されます。

それは、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、その被保険者期間内に、保険料納付済期間と保険料免除期間を合わせた期間が3分の2以上あることです。つまりこの期間に滞納をした期間が3分の1以上ないことが原則となります。

被保険者が負傷して、1級・又は2級の障害に該当する場合、又は被保険者であった者が1級・2級に該当する障害が残ったとしても、保険料を滞納している期間が3分の1以上の期間がある場合は、支給されないことになります。

しかし、初診日が平成28年4月日前(平成28年3月31日)にある傷病については、被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が3分の2以上に満たない場合であっても、当該初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までの1年間に滞納が無ければ、特例により保険料が一定の基準以上支払われていると判断されます。

但し、病気やけがの初診日が平成3年4月30日までのものについては、これらの前々月までとあるのは、月前における直近の基準月の前月までとなっています。

 

Comments are closed.