障害に関する給付

日常生活などの中で、たとえば病気や怪我などで今後の生活が苦しくなる可能性があるために、民間の保険などでそれをカバーしようという人は多くいます。しかし、公的な制度でも一定の条件を満たせば、公的な給付を受けることができます。

その怪我や病気になったために医療機関を受診した初診日が、厚生年金に加入していたときつまり会社員のときならば障害厚生年金と障害基礎年金の請求ができます。ちなみに公務員のときに初診日があれば障害共済年金になります。

この年金の請求ができるといってもいくつか条件があり、またその条件や診断書などの添付書類によっては、実際よりも症状が軽く見られ、給付される金額が少なくなってしまうなどの弊害があります。

このため、診断書を記載する医師と受診する患者側がしっかりと意思疎通が日ごろから図れていないと厳しい面があります。

また、こうした年金の支給について、基本的に支給をしたくないのでしょうか、年々条件が厳しくなってきているという指摘が専門家からされているという現実もあります。

診断書に実際の症状よりも軽く書かれてしまったがために、本来ならばより高い級に該当のところが軽い級と判断され、年金が支給されてしまうということもありえます。自分の状況を正しく確認してもらった上で、必要なことをしっかりと医師に書いてもらえるように医師に伝達することも必要でしょう。

Comments are closed.