死亡一時金と寡婦年金

年金制度には数多くの制度があり、条件によっては様々な補償を受ける事が出来ます。寡婦年金もそんな年金制度の条件による補償の一つです。
国民年金の第1号被保険者である夫が死亡した際に、第1号被保険者として保険料納付期間が25年以上ある夫が死亡した場合に10年以上の婚姻期間があった妻に60歳から65歳までの支給される制度です。夫が受けるであろう老齢基礎年金額の4分の3となります。そして夫が老齢基礎年金の支給を受けていない事と、障害基礎年金の受給券を有していない事が条件となります。この様にいくつかの条件がありますが、自身がそういった条件に当てはまるのであれば受給する事をお勧めします。しかし、この年金制度には気をつける点がありますが、夫の死亡一時金とどちらかのみの支給となりますので、どちらも支給する事は出来ません。そのためどちらの支給の方がメリットがあるのかを明確に理解する事で、自身にとってよりよい年金を受給する事が出来ます。
この様に年金受給には様々な条件がありますので、どの条件に当てはまり、どの支給を受ける事が出来るのかまで知っておく事で、最適な年金を受給する事が出来ますので、まずは自分の条件に当てはまる年金から知る事から始めましょう。

Comments are closed.